世界の未来都市はどうあるべきか――。世界各国では計画にもとづき、精巧に作られた模型が次々と公開されているが、環境・エネルギー、超高齢化、新産業創生といった...(記事を読む)


隅々まで手入れが行き届いた里山の上空を、幅2メートルにもなる大きな翼を広げ、コウノトリが旋回する。水田に舞い降りたかと思うと、その長く、太めのくちばしで...(記事を読む)


積水ハウス株式会社は、同社の先端環境技術を駆使した実証・実験住宅を建設してきたが、それを集めた施設「積水ハウスエコ・ファーストパーク」を2015年に...(記事を読む)


新潟市は稲作を中心に農業が盛んで,田園型政令市を標榜しており,農業分野で国家戦略特区の指定を受けている。持続的な農業を目指すためには,生産者の努力や工夫は...(記事を読む)


珠洲市は金沢大学との提携により、2007年10月から市内の空き校舎(旧小泊小学校)を活用して人材養成事業「能登里山マイスター養成プログラム...(記事を読む)


豊田市では、「ミライのフツーを目指そう」をテーマに、無理なく、無駄なく、快適に続けられる低炭素社会の実現に向けて、「市民」「地域」「企業」が...(記事を読む)


奈良県の山間部に位置する下市町は、過疎化や少子高齢化が進む、典型的な日本の農山村。しかし、同町が他の過疎地域と一線を画すのは、「高齢農家に少しでも...(記事を読む)


高齢化が日本平均の25年先を行く雲南市。しかし、全国各地の自治体と同様に地方衰退の危機に瀕しながらも、果敢にチャレンジする人材が生まれているのが...(記事を読む)


雲南市では、人口減少と少子高齢化が進行する中、様々な世代が「地縁」によるつながりをもとに連携し、補完し合うことで多様な活動を行う住民組織「地域自主組織」が...(記事を読む)


北九州市は、市内の環境学習施設や自然環境フィールドなどを結びつけ、まち全体で環境について楽しく学び、エコなライフスタイルにつなげる...(記事を読む)


「おんせん県」とも呼ばれる大分県は、源泉数、湧出量ともに日本一を誇る。この豊富な温泉や地熱を利用しない手はないと、同県は産学官連携の...(記事を読む)