積水ハウス エコ・ファーストパーク

ハウジングメーカーの環境技術の粋を集めた実証・実験住宅

学びのポイント

1. ハウジングメーカーの地球温暖化対策

光や風をコントロールしたり、太陽光発電や蓄電池を設置したり、省エネ対策を施した住宅3棟を公開し、住居での地球温暖化対策について学べます。

2. 「5本の樹」計画の庭

生物多様性の保全を掲げる積水ハウスの「五本の樹」計画に基づいた「いきものの庭」を見学でき、「里山をお手本にした自然と共生する暮らし」を追求する同社の取り組みが学べます。

3. 建設現場から資源循環を考える

「資源の泉」では、建設現場から廃棄物をなるべく出さず、資源を循環させる環境負荷軽減策が学べます。

---------------------------------------------------


積水ハウス株式会社は、同社の先端環境技術を駆使した実証・実験住宅を建設してきたが、それを集めた施設「積水ハウスエコ・ファーストパーク」を2015年に茨城県古河市にオープンし、一般公開している。

「体感しながら楽しく学べる新しい施設」というテーマの下、地球温暖化対策を施した3棟、「風の家(サステナブルデザインラボラトリー)」「あしたの家(ゼロエミッション・ハウス)」「木の家(環境居)」が公開されているほか、生態系保全を掲げる同社の「五本の樹」計画に基づいた「生きものの庭」や、建設現場から資源問題を考える「資源の泉」の各施設が見学できる。