新潟市アグリパーク

「五感を通じた」学習で農業への関心を深める

学びのポイント

1. 教育ファームで育む農業,食への理解

広大な農地や体験畜舎で,本格的な農業や畜産の体験学習を子どもたちに提供し,農業や食,ふるさとへの理解を深める新潟市独自の取り組みを学べます。

2. 農業の6次産業化を支援

農業従事者を対象に,農産物の加工技術や商品化の指導を行う,農業の6次産業化に向けた支援を学べます。

3. 「次世代」の農業を担う人材に就農支援

農業への興味を喚起する情報・相談の提供や,基礎知識・栽培技術の習得のための講座の開設など,就農を支援する取り組みを学べます。

---------------------------------------------------


新潟市は稲作を中心に農業が盛んで,田園型政令市を標榜しており,農業分野で国家戦略特区の指定を受けている。持続的な農業を目指すためには,生産者の努力や工夫はもちろんだが,消費者である市民,特に子どもたちが農業を理解し,大切にする気持ちを持つことが不可欠だ。

その核となる同市の取り組みが,「アグリ・スタディ・プログラム」(以下,ASP)だ。ASPは文部科学省の学習指導要領に準拠し,学校などのカリキュラムと連動させて策定している。五感を通した学びによって学習効果を高めるとともに,農業への興味・関心・理解も深めることを目標に据える,同市独自の農業体験学習プログラムだ。