メディア情報

  1. ホーム
  2. メディア情報
  3. 会長 小宮山宏関連
  4. TM研究会「TM手帖」
  5. 2014年11月4日発行

TM研究会「TM手帖」

「『COTONIOR(コトニア)吉祥寺』~子どもたちとシニア世代の 交流~」東日本旅客鉄道株式会社

「コトニア」というキーワードをご存知だろうか?子供(codomo)+と(to)+シニア(senior)を結合させると、COTONIOR(コトニア)になるという造語だ。これは、子供達とシニアが日常的に交流できるあたたかな場として整備された施設の名称である。そう理解して何回か聞くと語感が耳に馴染んでくる。

具体的には3つの施設、つまり通所介護施設(訪問入浴介護事務所)、東京都認証保育所、通所介護施設(運動・リハビリ特化型)をテラスでつなぎ、中央に園庭を配置することで3つの施設間の自然な交流が生まれる複合施設である。2012年12月に吉祥寺でJR東日本によって開設された。

JR東日本は、1996年から「駅だからできる子育て支援」「暮らしやすい沿線づくり」「地域コミュニティの応援」をテーマとして、79ヵ所もの子育て支援施設を開設してきた。この施設運営の経験から、子供たちとシニアの交流の効果に気づいたという。そうした経験からコトニアが実現した。

コトニアではシニアと子供たちが元気や笑顔を交換し合う。シニアは園庭に出て子供と一緒に遊び、子供たちの励ましでトレーニングにも力が入る。なにより気持ちの波が少なくなり表情が明るくなった。また、子どもたちがシニアと触れることで学んだことは親にも勉強になる。さらに、子供たちは近所のシニアにも挨拶するようになったという。

これは企業が、ささやかだけれども重要なコミュニティ再創造の仕掛けを提供した取組として評価したい。企業が社会的課題解決をビジネスとして展開する。これは資本主義の限界を突破する一つの希望であろう。

<出所>「財界」(2014年11月4日発行、財界研究所)

第2回プラチナ大賞
東日本旅客鉄道株式会社
「COTONIOR(コトニア)吉祥寺」
~子どもたちとシニア世代の 交流~
【審査委員特別賞】

雑誌「財界」

人に焦点を当てて経営を分析する総合ビジネス誌(隔週火曜日発売)

財界web

当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE