当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. シンポジウム
  4. 第12回 シンポジウム

シンポジウム

第12回 シンポジウム

開催日時
2019年2月25日(月)14:00(開場13:30)~17:30
開催場所
都市センターホテル(東京都千代田区)>場所
テーマ・内容
『日本創生 よみがえれ!!森林資源大国日本!! ~森林資源のフル活用で地域に新産業を創る~』

プログラム・パンフレット 

[PDF:2.00MB]

プログラム

プログラム

ご登壇者のご紹介

[基調講演]

末松 広行 氏
農林水産事務次官
1983年東京大学法学部卒、農林水産省入省。林野庁林政部長、関東農政局長、農村振興局長等を歴任、2016年から経済産業省産業技術環境局長。2018年7月から現職。

[講演/パネルディスカッション]

渡部 一也 氏
会津森林活用機構株式会社
取締役

地元高校を卒業後、地球環境をテーマに独自で研究を開始する。カナダ・札幌・沖縄・オーストラリアなど6年間(長期滞在)放浪する。その後3年間は、参議院議員秘書として、福島県全域(当時90市町村)を歩く。企画・デザイン会社、研究開発会社、建築・設計会社の設立に携わる。
作業員から始めた林業は、森林整備全般(造林から素材生産)から、木材加工や木材活用など幅広く携わるようになった。そのほか、砂利プラントなどの土木資材や測量会社などの経営にも携わっている。また、現在、福島県素材生産協同組合理事長や福島県木材協同組合連合副会長等も務める。福島県会津美里町在住。43歳。

太田 昇 氏
岡山県真庭市長
1951年生まれ。京都大学法学部卒業。1975年に京都府へ入庁し、財政課長、知事室長、総務部長等を経て、2010年から副知事を務めた後、2013年4月に真庭市長へ就任し、現在2期目。
真庭市の持続的発展のためには、地域資源を見出し、活用し、連携していくことが一つの方策であるという考えのもと、豊かな木材資源を活用したバイオマス発電やCLT(直交集成板)の普及など、里山真庭の多彩な地域資源を生かした戦略的取組に挑戦している。

岡田 広行 氏
住友林業株式会社
資源環境本部 山林部
グループマネージャー

京都大学農学部林学科を卒業、住友林業株式会社入社。
社有林管理業務、国産材流通業務、森林・林業コンサルティング業務に幅広く従事。
2017年4月から現職。49歳。

[パネルディスカッション]

[コーディネーター]高田 克彦 氏
秋田県立大学
木材高度加工研究所 教授

1992年北海道大学大学院農学研究科林産学専攻博士後期課程修了、科学技術庁科学技術特別研究員(農林水産省・林野庁・森林総合研究所勤務)、九州大学農学部助手を経て、2001年秋田県立大学木材高度加工研究所助教授。2007年4月より現職。2018年4月より大学発ベンチャー森林資源バイオエコノミー推進機構株式会社代表取締役。専門は森林資源遺伝学。

[パネリスト]猪島 康浩 氏
林野庁 林政部
木材産業課長

1985年宮崎大学農学部林学科卒、林野庁入庁。国立研究開発法人森林総合研究所森林保険センター所長、林野庁治山課長を歴任。2018年1月から林野庁木材産業課長として、林業・木材産業の成長産業化に向けた生産流通の効率化や木材の需要拡大に取り組む。

当日の様子

事務局長 平石和明

末松広行氏

渡部一也氏

太田昇氏

岡田広行氏

高田克彦氏

パネルディスカッションの様子

猪島康浩氏

パネルディスカッションの様子

会長 小宮山宏

幹事長 岩沙弘道

 2019年2月25日(月)、202名の方にご参加いただき、「日本創生 よみがえれ!!森林資源大国日本!!」をテーマに、「第12回プラチナシンポジウム」を開催いたしました。
 基調講演として、農林水産事務次官 末松広行様に「林業・木材産業の展開方向」と題し講演いただき、その後、会津森林活用機構株式会社取締役の渡部一也様、岡山県真庭市長の太田昇様、住友林業株式会社資源環境本部山林部グループマネージャーの岡田広行様にそれぞれ講演いただきました。
 パネルディスカッションでは、講演いただいた3名に加え、林野庁林政部木材産業課長の猪島康浩様に加わっていただき、秋田県立大学木材高度加工研究所の高田克彦教授のコーディネートのもと、「一気通貫どうつなぐ」、「あらゆるリソースの活用」「木造都市、木質生活に向けて」をキーワードに、「情報」を川上から川下まで整理して共有することの必要性、他分野のノウハウ、人財、今あるモノ、システム、情報等のリソースの活用、地域のキーマンの必要性、中高層建築物及び低層非住宅の木造利用促進等について議論を行いました。
 最後に、プラチナ構想ネットワーク会長の小宮山宏より、川上、川中、川下それぞれに役者がそろった今がタイミングであり、発想を変えて行動すること、「近代林業×木造都市」を総がかりで推進していくことを提言しシンポジウムを締めくくりました。
当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE