当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. シンポジウム
  4. 第2回 シンポジウム

シンポジウム

第2回 シンポジウム

開催日時
2011年7月20日(水)15:00~18:00
開催場所
東京都千代田区丸の内3-2-1
東京會舘

2011年7月20日 15時~18時、東京都千代田区の東京會舘にて、「東北からの日本再生」と題し、第2回シンポジウムを開催いたしました。台風の接近により雨模様となり、また交通機関の乱れ等も懸念される中ではございましたが、48の自治体会員、39の法人会員、7名の特別会員の皆様に加え、招待者等も含めると約280名のご参加をいただき、会場の席がほとんど埋まるほどの大変な盛況の中、成功裡にシンポジウムを終えることが出来ました。ありがとうございました。

政界からは民主党樽床伸二衆議院国家基本政策委員長、自由民主党茂木敏充元国務大臣、林芳正元防衛大臣、公明党斉藤鉄夫幹事長代行元環境大臣にお越しいただくとともに、ステファン・ノレーン駐日スウェーデン大使、オーストラリア州政府関係者の皆様、そして多くのマスコミの皆様に参加いただき、改めてプラチナ構想ネットワークに対する期待と関心の大きさが日に日に増していることを肌で感じました。

本シンポジウムでは、復興の先頭に立たれている村井嘉浩宮城県知事、復興の後方支援で大きな役割を担われている本田敏秋遠野市長より基調講演をいただき、被災の状況や今後の復興ビジョン等についてお話しいただきました。

また、続くパネルディスカッションでは、「地域に発展の種を埋め込む」を提案コンセプトとして各界有識者の方々からご意見を賜り、今後の復興支援と日本の再生・飛躍のあり方について活発に意見が交わされました。

今回のシンポジウムを通じ、東北、ひいては日本の復興・再生に向けては、会員の皆様が持っている創意工夫や情熱を効果的にネットワーク化すること、さらにはそれらを具体化し実現に向けた戦略ビジョンを描くことの必要性を痛感するとともに、まさにその実現に向けた行動こそが当ネットワークの存在意義であるとの思いを新たにすることとなりました。

皆様のご協力に改めまして御礼を申し上げますとともに、プラチナ構想の実現に向けたご尽力を賜りますよう、引き続きお願い申し上げます。

お集まりいただいた来賓・パネリスト・会員の方々
(会員はご本人様のみ)
総勢約280名のご参加により、会場はほぼ満席に
村井 宮城県知事(基調講演) 本田 遠野市長(基調講演)
真剣な面持ちで講演に耳を傾ける会員の方々 白熱するパネルディスカッション

詳細(当日報告・資料)は会員コンテンツでご覧いただけます

当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE