当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. スクール事業
  4. プラチナ構想スクール
  5. 第13期
  6. 第1回

第13期プラチナ構想スクール

第13期プラチナ構想スクール 第1回

開催日時
2020年9月25日(金)、26日(土)
開催場所
(1日目) 三菱総合研究所(東京都千代田区) (2日目) 静岡県三島市

 全国から12名の受講生が集まり、第13期のプラチナ構想スクールが9月25日からスタートしました。第1回では「リーダーシップとマネジメントが地域を変える」、「誰もが活躍できる社会へと変える」、「地域を識る」をテーマに講義、フィールドワークを行いました。

 1日目の第1限は、プラチナ構想ネットワーク小宮山宏会長が、「プラチナ社会の実現に向けて-新ビジョン2050-」と題し、プラチナ構想の目指す社会とプラチナ社会実現に向けた方策についての講義を行いました。
 第2限は、川崎市長 福田紀彦氏より「誰もが活躍できる社会へと変える~人財育成と仕組みづくり~」と題し、川崎市の人財育成と仕組みづくりの取組として、地域の寺子屋事業、kawasaki教室シェアリング、パラアート推進事業など児童・障害者・シニアの活躍の場づくりについてご講義いただきました。
 当日は、受講生の他、本スクールの修了生、法人会員、ベンチャー会員など多くの方々にご参加いただきました。

 2日目は、静岡県三島市にて実施しました。
 NPO法人グラウンドワーク三島の専務理事・事務局長である渡辺豊博氏より、市民・NPO・行政・企業がパートナーシップを組み、身近な環境改善を進めるグラウンドワーク活動についてご講義をいただきました。また、グラウンドワーク三島が中心となり環境保全活動に取り組まれ水辺環境が蘇った源兵衛川を含め市内をご案内いただきました。

プラチナ構想ネットワーク 小宮山宏会長 川崎市長 福田紀彦氏


NPO法人グラウンドワーク三島 専務理事・事務局長 渡辺豊博氏 講義の様子


フィールドワークの様子1 フィールドワークの様子2


当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
マンスリーニュース
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE