当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. スクール事業
  4. プラチナ構想スクール
  5. 第3期プラチナ構想スクール
  6. 第3期プラチナ構想スクール 第4回

第3期プラチナ構想スクール

第3期プラチナ構想スクール 第4回

開催日時
2012年9月14日(金)13:00~20:30 9月15日(土)9:20~12:30
開催場所
東京都千代田区永田町 三菱総合研究所4階会議室

前回に引き続き三菱総合研究所4階会議にてプラチナ構想スクール第4回目を実施いたしました。
今回のテーマは「高齢者がいきいきと活躍できる地域に変える」です。

「超高齢化」は今や日本を初め先進国が直面している大きな課題であり、事例に基づいた講義や他自治体との意見交換に大変熱のこもった回となりました。

第1限では東大高齢社会総合研究機構の秋山先生より、加齢による生活の変化に対応したまちづくりや、さまざまな研究結果から導かれる高齢者の社会参加への可能性を解説頂きました(「超高齢社会対応のまちづくり」)。
第2限では札幌医科大の小海先生より留萌市の「留萌コホートピア構想」に基づいた地域医療の再生や高齢者の予防医療への取組について、事業活動の実績を交えたご講演をいただきました(「食と農と健康(留萌コホートピア構想のご紹介)」。
第3限では東大大学院新領域創成研究科の大和先生より、公共交通機関の減便・撤退による移動困難者への移動支援、地域経済の活性化を目指した「オンデマンドバス」の運用について解説をいただきました。
第4限では俯瞰工学研究所松島先生より、各都市の産業集積のデータを基にした地域クラスター作成と応用について講演いただきました。(「地域クラスターの作り方」)
1日目の講義終了後は「高齢者が活力ある地域を目指した取組の現状」をテーマにグループワークを行い、各自治体が取り組んでいる高齢者対策の実例を挙げ、成功事例や問題点を基に今後の自治体での高齢者対策について意見交換を行いました。

翌日のセッションでは、「高齢者が暮らしやすい活力あるまちづくり」についてそれぞれの自治体が取り組んでいる事例や現状を紹介していただきました。
今回のセッションでは会長 小宮山宏と秋山先生にコメンテーターを務めていただき、取り組みのさらなる深化に向けたアドバイス等のコメントを頂戴しました。

東大高齢社会総合研究機構 秋山先生 札幌医大 小海先生
東大大学院新領域創成研究科 大和先生 俯瞰工学研究所 松島先生
セッションにてコメントする会長 小宮山宏 チーム別グループワークの様子

詳細(当日報告・資料)は会員コンテンツでご覧いただけます

当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE