当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. プラチナイブニングセミナー
  4. 第9回 プラチナイブニングセミナー

プラチナイブニングセミナー

第9回 プラチナイブニングセミナー

開催日時
2017年12月11日(月)16:00~17:30
開催場所
味覚糖UHA館TKP溜池山王カンファレンスセンター
主催者挨拶
プラチナ構想ネットワーク 事務局長 笠島 勝治
講演
株式会社伊藤園  常務執行役員 CSR推進部長 笹谷秀光 様
『協創力でプラチナ社会形成へ ~本業を活かした地方・日本創生~』
講師

笹谷 秀光 様
株式会社伊藤園  常務執行役員 CSR推進部長
日本経営倫理学会理事
グローバルビジネス学会理事
特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事
【プロフィール】
東京大学法学部卒、1977年農林省入省、環境省大臣官房審議官、農林水産省大臣官房審議官、関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、2014年7月より現職。
主な著書「協創力が稼ぐ時代―ビジネス思考の日本創生・地方創生」(ウイズワークス社・2015年)

2017年12月11日、株式会社伊藤園 常務執行役員 CSR推進部長 笹谷秀光 様 より『協創力でプラチナ社会形成へ ~本業を活かした地方・日本創生~』と題しての講演が行われました。

【講演概要】
社会課題が複雑化している課題先進国日本では、企業と関係者が協働して新たな価値を生み出す「協創力」が重要である。様々な社会課題に真摯に取り組むための社会対応力を身に着け、「協創」に貢献する企業や組織こそ、持続可能に成長し続けることができるのではないでしょうか。
「協創」には「産官学金労言」の集まる活動の共通基盤(プラットフォーム)の仕組みを作り、関係者にウィンウィン関係が生まれる「三方よし」につなげることが重要です。
企業の本業による価値創造と「協創」が今なぜ必要か。㈱伊藤園はどのようにこれらを具現化したのか。第5回プラチナ大賞にて大賞・経済産業大臣賞を受賞した㈱伊藤園の「茶産地育成事業」の具体例とともにお話しいただきました。

当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE